子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

桐朋学園のこども音楽教室の特徴と評判は?

桐朋学園のこども音楽教室の特徴と評判は?

オススメ度

6
POINT特徴 桐朋学園子ども音楽教室が他の音楽教室と異なるのは、大学に併設された教室であるということです。北海道から広島まで、全国に28校もあり規模も大きな教室です。附属の高校、大学と連携を取っていることから、教室を卒業後も本格的に音楽を学びたい、プロの道を目指したいという方は継続して学ぶことも可能です。

2歳から入会することが可能となっており、どちらかというと、遊び感覚のような習い事ではなく本格的に音楽を学びたいというお子さんに向いている教室です。実際に桐朋学園の卒業生にはプロの指揮者やピアニストなど、世界で活躍するレベルの音楽家達が数多くいます。もともと狭き門と言われているプロの音楽家への道が、もしかしたら桐朋学園の音楽教室で学ぶことによって開かれるかもしれません。

とにかく本格的なレッスン内容

桐朋学園の子ども音楽教室は2歳から入会可能ですが、その後は年齢や実績、個性などによって各個人に合った段階でのレッスンを受けることができます。レッスンコースは大きく分けて3つあり、楽譜を中心とした音楽理論や曲の読解力を高めるためのソルフェージュ授業、大学の教授やプロの演奏家によるマンツーマンの実技レッスン、二人以上が同時に演奏する管弦やコーラスなどのアンサンブルレッスンなどです。

また、イベントも盛りだくさんで、ピアノの夏期講習会やセミナー、オーディション、オーディション合格者による演奏会、中学3年生による卒業試験などがあります。レッスン内容、イベント内容だけでも他の音楽教室とは違う本格的な中身であることがわかります。

やはり高いレッスン料

これだけ本格的な音楽教室ですから、当然気になるのは費用だと思います。こちらはやはり、かなりの高額になっています。桐朋学園の子ども音楽教室で唯一迷うがあるとすれば費用が高めだということでしょう。しかしながら、年間約40回にも渡るプロの講師による個別レッスンや、大学や専門学校でなければ学べないような音楽理論が学べるレッスンがあったり、幼いうちからアンサンブル演奏を経験できるなど、まず他の音楽教室ではできないような経験をたくさんさせてもらえると同時に、得るものが数多くあることは確実です。それを安いと思うか高いと思うかの判断が必要です。

また、全国に28校もあると言っても、まだまだ全国展開には遠いので通えない方も多いでしょう。また、、場所がなかなか遠いという点もデメリットとして挙げられるかもしれません。

まとめ

ここまで幅広く且つ本格的に学べる音楽教室はなかなかありません。設立して80年近く経過する学園ですから、その中で培ってきたプロになるための指導力は本物だと言えます。我が子を将来音楽家にしたいと考えている親御さんにはぴったりの教室でしょう。

しかしながら、レッスンの内容は少し厳しく、周りの生徒のレベルもそれなりに高いでしょうし、仲間というよりはライバルといった感覚になってしまうかもしれません。そんな過酷な状況でお子さんが途中で挫折することは十分に想定されます。本当に行きたがっているのか、音楽が好きなのか、お子さんに意思確認をする必要があります。一度嫌いになってしまったものはなかなか元には戻りません。音楽を好きなままで楽しく通えるように、親御さんの温かいサポートが必要です。