子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

子供の習い事の費用はどのくらいかかる?

子供の習い事費用

せっかく習い事を始めるのであれば、子供に合ったものを長く続けさせてあげたいと思うのではないでしょうか。そのためには、子供のやる気や質の良い講師も重要ですが、月謝が家計を圧迫するようでは最終的に続けられなくなってしまいます。

ある調査によると、現在の子供の習い事にかける費用の平均は、幼児期から小学生で年間30万円程度のようです。この金額が高いのか安いのかは、各ご家庭によって感じ方は違うと思います。周りに惑わされず、自身のご家庭の予算内でお子さんに合った習い事を賢く選んでいきたいですね。

まず、習い事をさせる前に確認しておきたいこと

小さな子供にどんな才能が隠れいているのかは未知数です。習い事はそれぞれにメリットがありますし、才能を無駄にしないようにとあれもこれもと始めたくなるのではないでしょうか。ですが、習い事の時間や費用が、日々の生活や将来設計を圧迫するようでは意味がありません。

費用については、月謝はもちろんですがそれ以外にテキスト代や衣装代、検定代等が必要になります。月謝もレベルが上がると高くなっていく場合もありますので事前に聞いておきましょう。また支払方法についても確認するとよいでしょう。クレジット払い、まとめ払い等で割引が受けられるところもあるようです。時間については週何回なのか、他の行事と重なりやすい曜日ではないか、送り迎えに無理のない時間帯か、兄弟の習い事との兼ね合いはどうか等を確認していくとよいでしょう。

子供が小さいうちは親の送り迎えが必要ですので、それが負担となり継続できなくなってしまうことのないよう初めに考えておく必要があります。習い事の雰囲気や講師の先生の評判は口コミを確認しましょう。地元の評判はママ友からの口コミが一番ですし、大手であればネットから評判を検索できます。また今はローカルエリアの子育てサイトも充実していますので、小さな教室などの評判も得ることができるようです。

スポーツ系の習い事の費用

スポーツ系の習い事のメリットは、基礎体力の向上、心の成長、特技が増える、礼儀が身につくといったことがあります。代表的なスポーツの習い事の費用としては、スイミングで月3000円~2万円(初期費用約2000円~1万円)、サッカーでは月0円~8000円(初期費用約5000円~2万円)、体操教室では5000円~7000円(初期費用約5000円)が目安となります。

今、人気のあるフィギュアスケートは初期の頃は月謝5000円~1万円で済みますが、上達するにつれ月謝が20万円ほどとなり、費用負担の大きな習い事の一つです。一般的にどのスポーツも自治体や地域で行っている教室ですと比較的安価に受講できるところが多いようです。

また通常の練習以外に遠征や合宿があり、「夏合宿代10万円」といったところもありますので、月謝以外の費用についても聞いておくと良いでしょう。

音楽系の習い事の費用

音楽系の習い事のメリットは、音感が身につく、舞台度胸がつく、コツコツと努力する習慣が身につくといった事があります。人気のピアノ教室の費用は、月謝3500円~8000円が相場のようです。その他の楽器ですとヴァイオリン、フルート教室も人気です。グループレッスンで8000円、個人レッスンで10000円程が平均的な月謝ですが、習う先生によっても金額に差があるようです。

初期投資として楽器の購入が必要になります。初心者用ですと、ピアノ(アップライト)で約40万~100万円、ヴァイオリンセットで約5万~10万円、フルートで約8万円~15万円程度の物を購入する方が多いようです。楽器はこれ以外にメンテナンス費用も必要となります。また全国規模のコンクールですと参加料が予選から本選までで3万円程、地方のコンクールで1万円程かかってきますので、将来どのように楽器と関わっていくかを見据えて始めると良いでしょう。

まとめ

習い事を始めるにあたり必要となる費用について見てきました。地域や教室によって費用は変動しますので、入会前の体験を活用して、限られた予算内で継続できるものを見つけていきましょう。なにより大切なのは本人が楽しんでいる事です。継続していくと惰性になってしまっていたり、親の自己満足になってしまうこともありますので、途中で家計の将来をシミュレーションし直すことも必要です。お子様の将来のために賢い選択をしていきたいですね。