子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

音楽教室は脳を活性化する!?

脳科学の発達で、音楽が脳に与える影響が大きいことがわかってきました。特に子供が音楽教室などで楽器演奏を学ぶと、楽譜を見て読みとる、演奏の指示を手足に伝える、手足を動かす、弾いた音が合っているか確かめる、リズムを合わせる、曲の先読みをするなど、複雑な処理を同時に行うことで、脳の様々な場所を刺激し、知能の発達に大きく貢献すると考えられています。このような音楽のメリットは、本当にあるのでしょうか。

音楽を聴くと、脳にどんな影響を与えるの?

「音楽を聴く」という行動は、日常的で単純な行為に感じますが、耳から入った音の情報は、脳のあらゆる部分を刺激して、とても複雑な処理が行なわれています。音の高低は内耳の中で判断され、側頭葉で処理されます。リズムを感じるのは、左脳の小脳や前頭葉で、和音は側頭葉の前側で認知しています。伴奏とメロディーを区別するには、側頭葉と後頭葉が働いています。

それ以外にも脳が音楽を認知するには、左右の連携を活発に行ないながら、脳全体が激しく活動するので、活性化させるといっても過言ではありません。リラックスして音楽を聴くだけでも脳全体を使うのですから、楽器を演奏する時の脳はさらに激しく活動します。楽器演奏は、耳を使い、目を使い、手足を使うため、情報処理とフィードバックを常に行っています。音を聴き、楽譜を読んで理解し、楽譜に沿った運動を手足に指示し、先の音も念頭に置き、すべてを途切れさせずに同時進行していく動作は、日常生活で体験することは稀な、特別な脳の活動です。子供に楽器演奏を学ばせると、音楽的な素養が培われるのはもちろん、10歳前後での知能の発達に大きな関わりがあるといわれています。「幼児はピアノと外遊びだけ行えば天才になる素質が揃う」という研究者もいるほど、音楽と楽器演奏が脳に与える影響は大きいのです。

それだけ大きな存在となり得る音楽は、取り扱いにも注意が必要です。マイナスイメージを抱きやすい音楽や、子供が音楽教室で嫌な思いをしたりすると、容易に音楽とネガティブな感情が結びつき、知能の発達にも支障が出てしまいます。心地よい音楽選びや、相性がよい音楽教室選びなど、効果絶大な音楽だからこそ、慎重に考えてください。

子供の時に音楽教室に通わせるメリット

初めての習い事として選ばれることが多い音楽教室は、0歳から楽しく通うことができ、生涯を通した趣味にもなり得ます。未就園児の音楽に慣れ親しむレッスンや、1回ごとに予約するレッスンなら気軽に通うことができるので、習い事の練習のために利用したり、集団生活に慣れるために通う親子も目立ちます。音楽や歌に興味がなさそうな子供でも、音楽に合わせてゲームをしたり、ダンスをしたりする、音に親しむレッスンなら興味を持ちやすくなります。

簡単で気軽な内容でも、継続することで音感を養うことができますし、リズム感を身につけることもできます。親子一緒に音を楽しむ時間は、貴重なスキンシップタイムになり、お互いの気持をリフレッシュする効果もあり、同じ体験や気持ちを共有することで、親子の信頼感にもつながります。また、脳の活性化に役立つ音楽は、幼いころに始めるのがおすすめです。6~7歳は耳の機能が完成する時期で、5歳~7歳くらいの間は楽器演奏を始めるのに最適な能力が揃う時期といわれているので、5歳前後くらいにレッスンを始めれば、絶対音感や鋭敏な音感を会得するチャンスが生まれます。さらに楽器演奏を学んだ子は右脳と左脳をつなぐ脳梁が発達するので、10歳前後になると頭の回転の速さが目立ち始め、知能がぐんと高くなるなど、良いことづくめです。

その他にも、楽譜を暗記して演奏するので記憶力が良くなったり、演奏で手と足に違う動きをさせるのでバランス感覚や運動神経が発達するなど、成長するうえで大切な要素が詰まっています。「天才になれる要素が揃っている」という意味は、脳を激しく刺激し、全身を動かしていくから、ということを指しているのです。

どういうタイミングで音楽教室に通わせるべき?

子供を音楽教室に通わせたいと考えているなら、まず目的を明確にしてみてください。家庭の教育方針や事情により目的が違いますし、通わせられる金額や期間、他の習い事を増やしていくかなど、それぞれ違います。レッスンをスタートしたら、なるべく継続して通うほうが良いので、将来のことも考えながら、通い始める時期を見極めましょう。習い事や集団生活に慣れるためなら、なるべく早めに通うのがおすすめですし、音に親しむのが目的なら2~3歳前後で通えば、レッスン内容が豊富になります。

楽器演奏が目的ならば5歳前後に、習わせたい楽器を選んでから通わせるのが良いでしょう。絶対音感や知育を目的としているなら、0歳から通うほうが効果が現れやすくなります。また、避けたほうが良いタイミングとして、年度始めや転居など、環境や生活が変わる時期は、スタートに適していません。表面的には大丈夫に見えても、年齢が低いほど環境や生活の変化は、気持ちの不安定さにつながります。時期をずらして、生活が落ち着いてから考えましょう。いずれにしても楽しい体験を積み重ねて、音楽にポジティブなイメージを抱くことができるように、サポートすることが必要です。

音に合わせて体を動かすレッスンも、家庭で復習をしてあげれば、翌週のレッスンでは簡単に動くことができるので、小さな成功体験として音楽に前向きになっていきますし、楽器演奏は家庭での練習があってこその上達です。どの年齢で、どのくらいのサポートをしてあげられるかも、レッスンを始めるタイミングを左右します。どんな習い事でも、継続して通うことと家族の協力が必要となります。家族でよく話し合い、自分たちに合った無理のないプランを立てていきましょう。

まとめ

0歳の赤ちゃんから小学生も気軽に楽しむことができる音楽教室は、メリットも多く優秀な習い事といえます。教室は地方でも数多く、大手は年齢や目的に応じて多彩なコースがありますし、個人経営は価格が低めで、レッスン日や時間などの融通がきく点が魅力です。どちらにもメリット・デメリットがありますので、見学や体験レッスンに参加して、実際の様子とレッスンを受けている子どもたちの反応をよく観察してから決定してください。