子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

注目!今人気の子供の習い事とは

子供の習い事いうのは、根強い人気のものもありますがその時代背景や世相を反映して人気になるものというものがあります。では、その中で今人気となっている習い事とはどのようなものなのでしょうか?どのような理由で人気になっているのかも合わせて見ていきますので、ぜひ習うものを選ぶヒントにしてみてください。お子さんに合わせた習い事をみつけるチャンスだといえます。

ピアノは性別問わず根強い人気

昔からある習い事で、今でも根強い人気があるものはピアノです。ピアノは人気の習いごととして、性別問わずに常に上位にあげられます。ピアノを習うことの魅力としてピアノを弾くことは全ての脳の働きを高めることが出来るということがあります。ピアノを弾く際には、沢山の情報が入っている楽譜を一度に読み、鍵盤上で指をそしてペダルを踏むために足を動かし、自分の奏でた音がきちんと楽譜とあっているかを確かめるために音を聞き取る、という様々な動きを同時に行わなければいけません。これは脳が目や耳から得た情報を即時に処理し、複雑な命令を出していることになります。普通の生活のなかでこんなに複雑な行動をすることはほとんどありませんので、ピアノを弾く際のこれらの一連の動きをすることは非常に貴重なものなのです。さらに、普段の生活では人間というのは右脳か左脳かのどちらかを多く使ってしまいがちですが、ピアノを弾くときにはどちらの脳もバランスよくつかわれるために、2つともの脳がうまく発達していきます。知覚や感性をつかさどる右脳と思考や理論をつかさどる左脳の双方がともに発達することで、より能力の高いお子さんに成長することが期待できます。また、ピアノを弾く際には必ず楽譜を暗記して演奏する必要がありますので暗記力も高めることができます。暗記する力というものは一日やそこらで簡単に身に付くものではなく、日々の積み重ねによって培われていくものなのです。暗記力というのは、その後大きくなってから様々な勉強をするうえで必ず必要になってくる能力です。こういった能力が自然と身に付くということもとても嬉しいメリットですよね。また、練習を続けることによって身に付く集中力や継続力、楽譜から内容を理解するための理解力やその背景にあるストーリーを想像する想像力など生きていく上で必ず必要になってくる多くの能力を、ピアノを習うことによって培うことができるのです。

グローバル化に対応できるように幼少期から英会話を

子供の習いごととして人気のものの中でも、近年とくに人気が高くなっているのは英会話です。グローバル化が進み、世界中のあらゆる場所と簡単に繋がることができる世の中になりました。そして日本にいても、英語ができるということが必要不可欠になってきています。特に、ビジネスの世界では英語が出来るということは大きなアドバンテージとなります。そんな将来を見越して、小学校でも英語の授業が取り入れられるようになりましたし、小さなころから英会話を習い、英語の力を身につけさせようという親は非常に多いです。小さなころから英語を学ぶことのメリットとして、子供は吸収が早いので英語を身につけやすいという点があります。英語は学び始める始める年齢が早ければ早いほど上達しやすいものであるといわれています。経験がある方も多いと思いますが、大人になってから英語を学ぼうとすると、日本語に頭も耳も長い間慣れてしまっているので英語がスムーズに入ってこなくなってしまいます。小さいころであれば、日本語もそこまで身についていないため、日本語と英語を同時に学んでも、どちらも同時に吸収して身につけやすいのです。また、英語や外国人への拒否反応がなくなるというメリットもあります。英語に触れないまま大人になると、いざ英語を使用しなければならなくなったときに、強い拒否反応が出てしまう人が非常に多いです。また、苦手意識をもってしまい、外国人に話しかけられても上手く対応出来なかったりしますが、小さなころから英語に触れていれば外国人に対しても自然な対応ができるようになり、自分から話しかけることも難しいことではなくなります。英語を身につけることができれば、将来の選択肢も非常に広がります。これからますます英語は必要不可欠な世の中になって行きますので、小さなころから学んでおくというのは非常に有益なことです。

習字は将来必ず役に立つ習い事

昔からある習いごとで、非常にメジャーなものですが変わらず人気でおすすめのものとして習字があります。いくらパソコンやスマートフォンが普及していてペンや筆で紙に字を書くという行為が減ってきているとはいっても、字を書くということは、 一生必要になってくる能力です。そして字がきれいかきれいでないかということは、その人の人間性や人となりまでも判断される材料にされてしまいかねませんので字はきれいであるにこしたことはありません。習字は、正しく美しい字が書けるようになるということはもちろんですが、その他にも習うことによるメリットがたくさんあります。まずお手本を見ながら何度も正しい時の書き方を練習していく中で、集中力と忍耐力を身につけることが出来ます。そして、背筋をのばして、鉛筆や筆を正しく持って字を書きますので自然と姿勢がよくなります。現代人は、スマートフォンやゲームの画面を見すぎて猫背の人が多くなっています。字を書いている間だけでも正しい姿勢でいることによって、正しい姿勢が身につくことになります。また、ひとつの文字を書くのに、ただお手本どおりに書くだけでも、どのように書けばバランスよく、そしてきれいに見えるのか、ハネの位置はどこなのか、長さはどれ位に書けば良いのか、など色々なことを考えながら書いていきます。ただ字を書くだけといっても、きちんと考えながら書いて行きますので、物事を段取りして考える力も身につけることが出来ます。大人になってから履歴書を書いたり、冠婚葬祭時に記帳したりと公の場で字を書く機会は思いの他多いです。そしてその字がきれいであるかどうかということはその人自身を判断する需要な要素になります。そういった面でも、習字を習っておくことは非常に有益なことです。

まとめ

習いごとは非常に多くの種類がありますが、昔からずっと人気のあるピアノや習字のようなものは人気になるだけの確かな理由があります。脳を鍛えることができ頭がよくなったり、字がきれいになることというのはその後の人生を生きる上で非常に役に立ちます。また、英会話は近年非常に人気を集めていて、これは今後のさらなるグローバル化社会で活躍していくために必要不可欠な能力を身に付けることが出来ることから人気となっています。こういった人気の習いごとは確実にお子さんの財産となるので習い事選びに迷っている方にはおすすめです。