子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

体力アップにつながる子供の習い事3選

色々な効果を期待して、子供に習いごとをさせる親は非常に多いといえます。そしてその中でもお子さんの身体的能力や基礎体力をアップさせるために、習いごとをさせる人というのは昔から多くいることも事実です。体力のアップだけではなく、その他の効果も合わせてき期待することが出来るものはあるのでしょうか?どういった効果があるのかをくわしく掘り下げていきたいとおもいます。

水泳は体力だけでなく心肺機能もアップする

親が、子供の健康的な面での効果を期待して始めさせる習い事として人気があるものの一つに、スイミングがあります。水泳は、身体を左右均等に動かすことが必要とされますので筋力がバランスよく高まりますし、質の良い筋肉がつき姿勢もよくなります。そして持久力や体力も非常に鍛えられるので身体も強くなりますし、水泳以外のスポーツにも活かせる力が付きます。水の中では、厳しい運動や筋肉トレーニングをしなくとも水圧がかかって身体に負荷が加わるので陸で運動するよりも簡単に、そして骨や筋肉に無理な負荷をかけずに体力をつけることが出来ます。冷たい水のなかで行うので、水から出たときに温度差で風邪をひいてしまうのではないかという心配をする方もいらっしゃいますが、これは実際には全く逆で、水温は体温より低いため、水の中では体の体温調節作用によって熱を発散し、エネルギーを消費します。これによって体の循環機能の活発化につながって代謝がアップし、基礎体力がつくというのも大きな魅力です。さらに、水泳は喘息にも効果があると言われており、小児喘息のお子さんをお持ちのご両親で水泳に通わせているというは非常に多いです。スイミングが他のスポーツと大きく違っている点は、呼吸に制限が加わるという点です。息の吸い方や吐き方のトレーニングをすることによって、心肺機能を高めることができます。心肺機能が高まることによって、喘息が改善されたというお子さんもいるようで、それを目的に始める方もいらっしゃいます。体力や筋力のアップや、基礎体力がつくこと、水泳は自分との闘いになるので自分自身に打ち勝つという強い精神力が鍛えられるのはもちろんのこと、心肺機能が高まることによって病気にも打ち勝つ強いお子さんに育てる効果が期待できるという点で、水泳は非常におすすめできます。

サッカーは身体能力と協調性を磨くのに最適の習い事

子供が習うスポーツとして、昔から絶大な人気のものといえばサッカーです。プロのサッカー選手になりたいという男の子は昔も今も変わらずとても多いですし、自分の夢を子どもに託すといった親もいまだに多くいますのでサッカー人気は絶えることはありません。またサッカーはボールがありさえすれば、家でもどこででもリフティングやドリブルの練習を一人ですることが出来るというのも大きな魅力となっています。しかし、サッカーが子どもの習いごとをして人気を集め続けているのはそれだけが要因ではありません。サッカーを習うことによって得られることがとても魅力的なために人気となっているのです。まずは、体力や身体能力が鍛えられるという点です。サッカーをプレイするためには歩く、走る、蹴る、飛ぶといった様々な動作をボールと組み合わせて行う必要があります。これにより運動神経がよくなりますし、瞬発力も磨くことができます。また試合中は広いフィールドの中をずっと走り回り続けなければなりません。これによって体力もつきますし、心配機能も向上します。さらに、サッカーは非常に自由度の高いスポーツであると言われていて、戦略を考えて行動する必要があります。それによって創造力や思考力、想像力も身につける事ができるのです。色々な能力が身につくサッカーですが、そんな中でも大きな魅力となっているのが協調性がみにつくということです。サッカーはチームで戦うスポーツです。チームメイトと連携プレイを行う必要がありますので、協調性を見につける事ができます。そして仲間との関係性を築くためのコミュニケーション力も身につける事ができるなど、身体的な能力だけではなく内面的な面も成長させることが出来るので、サッカーは非常に人気となっているのです。

身体能力はもちろん忍耐強さが磨ける体操

近年注目を集めているスポーツ系の習いごとに体操があります。有名な選手がテレビで特集を組まれたり、オリンピックで活躍するニュースが連日流れることで憧れを抱く子が多くなってきています。体操を習うことは、体操の技術を磨くことが出来るのはもちろんのこと、その他にも様々な効果が期待できるのです。まずメリットとしてあげられるものの1つとして体が柔らかくなるということがあります。体操教室ではかならず始めに柔軟体操を行います。これによって柔らかいからだを作ることが出来ます。からだの柔らかさというのは大人になってから改善するのはとても大変ですが、まだ関節が柔らかく骨や筋肉が未発達な子どものうちから柔軟体操を行っていくことによって柔らかいからだを作ることが出来ます。からだが柔らかくなると、ケガもしにくくなりますし、代謝もよくなりますので健康になります。そしてもちろん運動神経や瞬発力、体力など身体的な面での効果も期待出来ます。飛んだり、はねたり、走ったりといった様々な動きを組み合わせて行うために、バランスの良い筋肉もつきます。さらにうれしいメリットとして精神的な面での成長もあげられます。体操の練習というのは、失敗したとしても何度も何度も繰り返し練習をするということが必要になりますので、これによって忍耐強さを磨くことが出来ます。自分に甘えを持つことなく、自分に厳しく、我慢強く練習をし続ける能力というのはその後の人生の中で非常に役に立つものです。また、自分で目的をもって練習し、やり遂げて成功するという経験を繰り返すことによって自律性も育てることが出来る数少ない習いごとです。身体能力の成長はもちろん、精神的な面の成長も期待したいという方は、体操を習わせてみるのも良いでしょう。

まとめ

数ある習いごとのなかでも、体力アップや身体機能を鍛えることができるような習いごとは、1つはやっておいて損はない効果的な習いごとです。好きなことをやりながら、知らず知らずのうちに体力や筋力をつけていくことができ、そういった体の機能の向上は健康にも結びつきます。実際に身体を動かす習いごとを始めてから、風邪をひきづらくなった、健康になったという声はよく聞かれますので、お子さんの健康を増進させたい方はそういった習いごとを選んでみるとよいでしょう。