子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

本当に必要?子供の習い事

お子さんが小さい時、教育熱心な両親であればいくつもの習い事を掛け持ちしてやっているというお子さんも多くいらっしゃいます。しかし、お子さんにとって習い事を習うということは、本当に価値のあることなのでしょうか?習うことによってその技術や知識を身につける事ができる以外にもなにかメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきますので参考にしてみてください。

習い事をすること得られるものは何?

習い事の一番の目的は、もっとできるようになりたい、上手になりたい、技術を向上させたいという子供の思いを叶えることであり。そのために専門的に教えてくれる先生に依頼してそのもとで一生懸命練習をするのが習い事です。家庭の中では親が手探りで教えるしか方法はありませんが、その道のプロに指導してもらうことで確実に、そして効率的に能力を伸ばし、上達していくことが出来ます。また、その中でどんどん上手くなりたいという向上心が出てきたり、もっと先の世界を見てみたいと思うようになったりどんどん挑戦をしていくようになります。これもまた、習いごとをすることのメリットであり家庭の中にいた時には見えなかったものが、プロに教わることで見えるようになりレベルがどんどん向上していきます。また、習いごとをすることで得られるものは、直接的に習っている内容に関係することだけではありません。目的として習っているものの技術や知識の他にも生きていく上で必要となってくるものが自然に身についていくというメリットもあります。例えば、身体を動かすスポーツ系の習いごとであれば練習をしていく中で体力や筋力がつき、身体が丈夫で健康になっていったり、運動神経やバランス感覚が養われたりします。ピアノなどの楽器や、考えて行動するものであれば知能が発達する、または感受性や表現力を磨くことが出来ます。また、多くの習いごとは複数人数で行いますので協調性やチームワークを育むこともできますし、先生やコーチなど目上の人への礼儀やマナーを学ぶこともできるのです。このように、習いごとを習うということはけっしてその技術や知能だけを学ぶのではなく、それに付随する様々な能力を自然と身につける事ができるものなのです。

習い事は子供の可能性を広げる!?

昔は、子どもは学校に行きさえすれば、あとの時間は自然に遊ばせるのが一番良いという時代もありました、ですが、時代は変わり遊ぶ時間を多少削ってでも習いごとをさせる方が良いという風潮に変わってきています。そこには習いごとをすることによって、習っているものの知識や技術が身につくのはもちろん、それ以外にも付帯する様々な能力が身につくことがわかってきたという理由があります。例えばスポーツを習えばその競技の技術が身につくのはもちろんですが、それ以外にも基本的な体力や運動能力がついたり、協調性や忍耐力といった精神的な成長をすることができたりしますし、ピアノやダンスなどは技術の他にも表現力を豊かにしたり、脳を鍛えて知能を活性化させることが出来たりします。さらに、習いごとをすることで子どもがもともと持っている可能性を広げて、より将来の選択肢を増やすことにも繋がります。小さなころから様々な体験をしたり、色々な経験を積んだりすることで、将来どういったものになりたいのか、何をしたいのかといった選択肢を増やすことができます。知らなければ選択肢は狭まってしまいますが、知ってさえすればそれが自分の興味のあるものなのかそうではないのか、やりたいことであるのかそうではないのかなど取捨選択をすることが出来ます。小さなころというのは、物事を吸収する力が非常に強いです。そして、日常生活で経験することや触れることのない情報と接触することで、その新しいことをどんどん吸収して可能性を広げていくことが出来ます。可能性は広いにこしたことはありません。出来るだけたくさん経験をさせてあげるためにも、習いごとをするというのはいい手段であるといえます。

精神面での成長も期待できる

習いごとをすることで得られるメリットというのは、習っているものの技術を身に付けたり、能力を向上させるということだけではありません。小さな子どもというのは、家庭や、保育園や幼稚園といったとても小さな限られた社会の中で生きていて、触れ合う人も物もとても少ないです。そのような環境の中で学べることというのは実はとても少なく、そういった狭いコミュニティの中だけで育ってしまうと、精神的な成長が十分になされない可能性もあります。習いごとをすることによって、お子さんが普段過ごしている環境下では学ぶことができないことを学ぶことが出来るということはとても良いポイントで、お子さんの人格を作り上げるにあたっても、大きな影響を与える重要な要素となります。習いごとをはじめると、これまで関わったことがないほど多くの人や物と触れ合い、交流をします。そしてそれは自分の身内ではなく、生活環境も考え方も全く違った外の世界の人々です。これまで身内としか関わってこなかった子どもにとって、外の世界の人との関わりはとても刺激を与えてくれるものです。外部の人との交流をもつことによって、人とのコミュニケーション能力を身につけることが出来ます。そして、挨拶や目上の人への礼儀、マナーなども学ぶことができますし、チームで行うものであれば協力して目的を達成するための協調性が身につき、一生懸命練習をすることで集中力がついたり、失敗しても諦めずに頑張る忍耐力がついたりと精神的な面でも大きく成長することが期待できます。習いごとをすることは、色々な面で子どもを成長させてくれますが、自然な形で精神的な成長を促してくれるものですので、ぜひ活用すべきです。

まとめ

習いごとをすることで、自由な時間がなくなってしまったり辛いことがあったりするという一面もありますので、本当に習いごとをするのは良いことなのか、必要なことなのかということも言われることがあります。ですが、習いごとをすることによって得られる効果というのは非常に多く、お子さんの可能性を広げたり、才能を広げることが出来たりすることも出来ます。習いごとをすることは、デメリットよりもメリットが多いので、ぜひ一つはやらせてみると良いでしょう。