子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

習い事でダンスを子供に習わせるメリット

習い事の人気は時代背景や流行をよく反映しているものですが、近年の音楽の流行や人気のアーティストなどの影響もありダンスを習うお子さんが非常に増えてきています。ダンスを習うことによってお子さんにとってはどのようなメリットがあるのでしょうか?これえらを掘り下げて紹介していきますので、習うものを探している方は検討してみてください。

ダンスを習うと基礎体力が付く

近年非常に人気を集めている習いごととしてダンスがあります。学校の授業に取り入れられるようになったり、パフォーマンスグループが人気を集めている影響で、同じように自分も上手く踊れるようになりたいというお子さんが増えたり、自分の子供がかっこよく踊る姿を見たいという親が習わせることが多くなったことが人気の要因となっています。しかし、ダンスを習うということのメリットは見た目のかっこよさや楽しさだけではありません。踊りを踊ることによって、全身の筋肉や運動神経が発達し、基礎体力もつけることができます。踊る時には、身体全体を使うので体の筋肉をバランスよく発達させることができますし、運動神経の働きも高めていくことができます。またもちろん、踊っている間には常に体を動かしているようになるので、運動習慣がつき、基礎体力や心肺機能も向上させることが出来ます。これと同じように筋肉をつけたり、基礎体力をつけようとすると、厳しい筋力トレーニングをしたり、長い距離を走り続けたりしなければなりませんが、ダンスをすることで、楽しく練習をしながら意識したり、辛いと思うことなく自然と筋力や体力をつけることが出来るのも大きな魅力となっています。さらに、体を音に乗せて動かすのでリズム感も養うことができますし、ダンスをする中で様々なポーズをとることでバランス感覚や柔軟性もつけることが出来ます。楽しみながら自然と筋力や基礎体力を付けていくことができて、それと同時にリズム感なども一緒に身につけることができるスポーツというのはそんなに多くはありません。お子さんが多少でも興味があるようであれば、一度体験だけでも行かせてみてはいかがでしょうか?

ダンスを習うと性格的にも明るくなる!?

最近非常に人気が高まってきているものの、ダンスは難しそうだから自分の子供には無理そう。またはテレビなどで観るダンスパフォーマンスグループの影響もあって、少しやんちゃなイメージがあるから子どもに習わせるのは心配だという親御さんもいらっしゃいます。ですが、ダンスというのは習うことによって非常に様々な効果が期待できる、とても魅力的な習いごとなのです。前述のように体力やバランス感覚など肉体的な面でももちろん鍛えられて能力が上がっていきますが、ダンスというのは身体を動かす習いごとの中でも、数少ない人と競うことを目的としているのではなく人に魅せることを目的として行うものです。そのために、習うことによって性格的に明るくなり、社交性も芽生えていくというメリットがあります。ダンスは、踊りの中で自己表現を行います。そのため自分を表現するための表現力や創造力が養われます。そして、人の前で自分を表現するという行為はとても度胸のいることですので、恥ずかしさなどに打ち勝つ強い心を鍛えることも出来ますし、それによって自信が生まれるのでより明るい子に育てることが出来ます。もともとあまり明るくない子を、明るくて元気な子の多いスクールに一緒に通わせることは、子どもに無理をさせることになるのではないか、続けられないのではないかと不安に思うかもしれませんが、少し大人しめの子であってもダンスを習い始めることによって活発で明るい子になるということは非常に多く見られます。少し明るさを持ってほしいと思うのであれば、一度体験に参加してみてはいかがでしょうか?お子さんが興味を持つようであれば習わせてみると良い効果があるかもしれません。

協調性が芽生えるというのも嬉しいポイント

ダンスを習い事として習うことのメリットは体力や運動神経、リズム感が磨けたり、性格的に明るく積極的になったりするなど様々なことがありますが、その中でも協調性を芽生えさせることが出来るということは、非常に嬉しいポイントとなっています。個人で踊るものもありますが、多くの場合には複数人で踊りを踊ることになります。発表会やイベントでステージに上がる為には、グループで振り付けをぴったりと揃えるということが非常に大切になります。特に、踊っている最中は言葉を交わすことなく振りをそろえていったり、フォーメーションを作っていったりするので、日頃からチームメイトと良い人間関係を築いているということがとても大切になってきます。こうした過程のなかで必然的に協調性やコミュニケーション能力を身につけることが出来るのです。もちろん自分の身体をつかって表現をしていくものですので、自分の技術を磨くのはとても重要なことですが、自分ひとりで踊るわけではない場合には、よりよいものにするためにチームメイトと教えあったり、出来ないものがあるメンバーに教えてあげたりと自分のことだけではなく周りの人のことも考えて、協力をして行っていく必要があります。こういったことによって、協調性やコミュニケーション能力を高めることが出来るのです。チームメンバー全員であわせて踊ったり、よりよいものを作り上げるためにっみんなで協力して1つのものを完成させるという経験はとても貴重なもので、辛い環境の中で一緒に練習をしたり、励ましあったり、一緒に涙したり、喜んだりと同じ方向をみて進む仲間が出来るということは非常に価値のあることですので、そういった面からみてもおすすめの習いごとです。

まとめ

習いごととしてダンスを学ぶことは、楽しく踊ることが出来るというだけではなく、基礎体力や筋力を向上させることができたり、バランス感覚が身に付くのはもちろん、性格が明るくなったり人前に出る度胸が付いたり、周りの人と上手くコミュニケーションをとる力を身につけることが出来るなど非常に沢山のメリットがあります。ダンスが習い事をして人気となっているのは、時代の流れとして注目されているからというのもありますが、こういった沢山の習うことによるメリットがあるからです。