子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

習い事は子供の性格に合わせて選ぶべき!?

習いごとはお子さんによって向いているもの、向いていないものというのがありますが、それは性格によって決まると言われています。お子さんが楽しんで習い、自分の才能を見つけたり、発揮したりするためには性格にあった習い事を見つけることができるかということが重要です。性格ごとにおすすめの習いごとを見ていきますので参考にしてみてください。

性格によって習い事には向き不向きがある

習いごとには色々な種類があります。ましてや近年は昔と違って、本当に多種多様な習いごとがあります。そういった中で自分の子どもにあった習いごとを見つけるということは、とても難しいことなのです。子どもというのは性格も個性も考え方も実に様々ですので、それぞれに向いているものや向いていないものがあります。皆がやっているから、人気だからという理由だけで習うことを決めてしまうと、それは実際にはお子さんには合っていない習いごとだったという失敗に繋がってしまうこともあります。ですので、親は子どもの特性や考え方をよく理解して、その子にあった習いごとを見つけることが出来るようにしなければなりません。そのためにもまずはお子さんの人格や特徴をよく観察して理解してあげる必要があります。まずは日常の中で動き方や表情、話せるようになっているのであれば言動をよく観察します。そして1人だけで判断するのではなく、ご両親2人でよく相談してお子さんの性格をより客観的に見てみるようにしましょう。いつも見ているはずの2人であっても、見方や捉え方は変わってくるかもしれません。また、家族以外の人やお友達との関わり方を観察してみるというのも有効です。自分の親に対する態度と外の人に対する態度というのは違って当たりまえです。ですが、実際に習いごとをする時にかかわるのは外部の人ですので、その時にどういった態度になるかによって判断するというのも良いでしょう。どのような方法にするにせよ、親は子どもの特性を理解して、よりその子の性格にあった習いごとをさがしてあげることが大切になってくるのです。本当にお子さんにあった習いごとを見つけることが出来れば、子供自身もより楽しく、やる気を持って取り組んでくれますしそれは結果的によい成果を生み出すことにも繋がるのです。

習い事で性格の良いところを伸ばすことができる

習いごとは、その子によって向いているものや向いていないものというのがありますが、習いごとに取り組むことによってお子さんの性格の良い部分をより伸ばしてあげることもできるのです。お子さんが自分の強みを活かすことができる習いごとを見つけてあげることが出来れば、より積極的に取り組むことが出来るようになりますし、より高い効果を期待することが出来ます。もしお子さんの社交性が突出していて、周りの人と関わることが好きな性格の子であるのであれば、大人数でにぎやかにやるような内容のものをすることをおすすめします。そうすることで自分の社交性や協調性を活かすことができ、さらにコミュニケーション能力を身につけることも出来ます。そういった子はダンスやサッカーなどの習いごとをして習うと、自分の持ち味を活かして活躍することが出来ます。もし一人で何かを集中してもくもくとやることが好きな性格の子であれば、習字やピアノ、プログラミングなど自分一人で取り組むタイプのものを習うと良いでしょう。そうすれば高い集中力を活かして取り組むことが出来ますし、あわせて物事を考えながら行い、作り上げていく必要がありますので思考力と創造力が高まります。このように、お子さんのもつ性格の良さをきちんと活かせる習いごとを選んであげることによって、自分の持っているものを活かして活躍することが出来たり、上手く進めることができるようになるのでお子さん自身もやる気を継続させて続けていくことが出来ます。そして、続けていくことによってもともともっている性格の良さを伸ばすことが出来ることはもちろんのこと、それ以外にも様々な能力を身につけることが出来ます。習いごとを選ぶ際には伸ばしてあげたい能力は何なのかということも考えてあげるようにしましょう。

性格ごとのおすすめ習い事とは

習いごとには沢山の種類がありますが、その中からお子さんにあったもの、より良い部分をのばしてあげることができるような習いごとを選んであげることでお子さんがより習いごとを楽しんで、一生懸命取り組むことに繋がります。お子さんの特性ごとにおすすめの習いごとの例としてまず、じっくりと物事を考えることが好きな子にはレゴスクールやパズルなどがおすすめです。レゴやパズルはただ遊ぶものと思われてしまうかもしれませんが、取り組むことによって創造性や発想力を身につけることが出来ます。身体を動かして運動することがとにかく好きな子であれば、体操教室やトランポリンをおすすめします。サッカーや野球などの決まった1つのスポーツをするのもおすすめですが、どのスポーツにも使えるような運動能力を身につける事ができる習いごとであれば、将来の選択肢がより広がります。そういった運動能力を身につけることが出来るのが体操教室やトランポリンです。これらを習うことによってまずバランス感覚を養うことができますし、筋力をつけるだけではなく柔軟性のあるからだを作ることが出来ます。柔軟性がありまがら筋肉もあり、バランス感覚に長けているというのはどのようなスポーツをする上でも非常に役にたつ能力です。その他にも、考えて戦略を練ることが好きな子であれば将棋や囲碁がおすすめですし、何かを作ることが好きなのであれば料理教室や工作教室、外で何かをすることが好きならアウトドアスクールやボーイスカウトなど、その子その子にあわせた習いごとを選ぶことが出来るというのは沢山の習いごとがある今の時代であるからこそできることです。お子さんがより習いごとに積極的に取り組むことが出来るように、お子さんの性格にあった習いごとを見つけてあげるようにしましょう。

まとめ

人間には、向き不向きというものがあり、それは子供の習い事でも同じです。向いていないもの、やりたがらないものを無理して続けていてもよい効果は決して得られません。はたしてその習いごとは自分の子供に向いているものなのか?親はきちんと見極めることが必要ですし、お子さんの性格にあった、よりよいところを伸ばすことが出来るような習いごとを選んでいくことが重要です。