子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

才能を開花させる!?子供の習い事

小さいころの習いごとがその後の特技になったり、将来の仕事に結びついたりするということは非常によくあることです。それは習いごとが子供の才能を開花させることに繋がることがあるからであると言われています。本当に関係のあることであるのかどうか見ていきますので、お子さんの可能性を広げるためにも参考としてぜひチェックしてみてください。

子供の可能性をひろげるためには

お子さんの可能性は無限に広がっています。とくに小さいころは様々なことを吸収して身につけていきますのでその時に何に触れ、何を見て、何を聞き、何を感じるかということはお子さんのその後の人格や性格を形成していく上でも非常に重要なポイントになります。しかし、お子さんの可能性を広げるか、狭めてしまうかというのは親にかかっています。小さな子は自分の意思というのがありませんので、何をしたいとか何に興味があるというような感情もありませんし、自分で接触するものを選ぶことも出来ません。周りにいる人が子どもにどのようなものを触れさせるのかということが全てなのです。ですから、親が与えたものが2つであればその子にとっての可能性は2つだけになってしまい、親が20個のものを与えれば、その子の可能性は20個に広がります。小さいころには、その子にどんなものが向いていて、どんなものに取り組めばより才能が発揮できるかということは、たとえいつも一緒にいる両親であってもはっきりとわかることではありません。そんな状態で選択肢がいくつもない環境を作ってしまうと、子どもの可能性はその中に留まってしまい、もしかしたら本来あるはずの才能の芽を潰してしまうことになるかもしれません。お子さんが自分の意思で選択できるような状況になる前まではとくに、親は可能な限り多くの選択肢を子どもに与えてあげるべきです。その中でなにが子どもにとって良いものであるのかということは、実際にやってみたり、触れてみなければわかりません。ですが、そもそも体験できる環境になければ選ぶことすらできないのです。色々な可能性を考えて、様々なものに触れさせ、その中からお子さんにあったもの、本人がやりたいと思えるものを選ばせるという方法が、お子さんの可能性を最大限にひきだし、将来を明るいものにするためには必要なのです。

色々な習い事をすることは良いこと?

1つの習いごとだけではなく、いくつもの習いごとを掛け持ちで行っていて間日忙しく過ごしているというお子さんは非常に多くいらっしゃいます。はたして、いくつもの習いごとをすることはお子さんにとって本当に良いことなのでしょうか?お子さんによっては、色々なことに興味があって、あれもこれもやりたいと言うので、それを親が叶えてあげることでいくつもの習いごとを同時にやることになっている子もいます。こういった子は、どの習いごとにも自分でやりたいと思う気持ちがあるので、どれも自分なりに一生懸命行います。やっていくなかで、その中で自分に一番合ったもの、より熱中できるものであったり、才能が発揮できるものを見つけることが出来るようになればその時に習うものをしぼっていけばいいので、選択肢を広げることができたり、自分に一番向いているものをみつけやすくなるという点で、色々な習いごとを掛け持ちで習うというのは良いことといえます。ですが、その一方でお子さんには習いたいという意思はないにも関わらず、親がこれを習ってほしいと思ったものをいくつも習わせたり、自分が習うことが出来なかったものを押し付けて習わせたりと親の勝手で習いごとを掛け持ちさせるということは良いことではありません。もちろん、親は子供の将来を考えて、可能性を広げてあげたい、始めてみればなにか才能が開花するかもしれないという思いから習わせるのですが、それがお子さんにとっては負担になってしまうこともあります。お子さんの許容量を超えてしまって、どれも中途半端になってしまっては元も子もありません。いくら大変であったとしてもお子さん自身が、掛け持ちをして大変だけれどもやりたいと思えば頑張ることができますが、お子さんにその意思がなければそれは難しいです。たくさん習わせれば良いというものではなく、本当にそれが全てお子さんのやりたいことなのか、意思をきちんと確認する必要があります。

習い事で思いもよらない才能が開花することも

習いごとをすることのメリットは色々なものがありますが、その中でも思いもよらなかった才能を開花させることができる可能性があるというのはとても大きなメリットです。子どもというのは親が思っている以上に無限の可能性を秘めているものです。親が気づいていない、目に見えないところに隠れた才能があり、それが実はお子さんにとってはとても良いものであったり、将来活躍することが出来る可能性を秘めているものであったりすることもあります。その目に見えないものを引き出して、色々な手段を使ってさらに伸ばしていくということは親にとって非常に重要な役目なのです。そもそも人には潜在能力というものがあり、私達が普段使っている能力というのは本来もっているもののほんの一部でしかありません。実はその奥に多くの潜在能力を持っているものなのです。その潜在能力というのは自ら望んだときに現われるものではなく、好奇心がわいたり、気分が高まったりする時に自然と発揮されるものなのです。ですから、習いごとを楽しんで行うことはまさにその潜在能力をひき出すのに、非常に効果的なことなのです。そういったチャンスを見逃さないためにも、子どもには色々なことにチャレンジをさせて、様々な体験をさせることが良いです。もちろんそこに子どもの意思がなければ続けることは出来ませんのでそういった場合には辞めて違ったことをやらせてあげれば良いのです。今は、どのスクールも実際に入会する前に体験をさせてくれる制度を設けています。まず、あれはだめ、これにしなさいというように親のほうで制限をかけるのでなく、幅広く体験をさせてみると良いでしょう。その体験の中で予想もしてなかった才能が開花することもあるかもしれませんし、本人も親も気が付かなかった、向いている習いごとが見つかるかもしれません。はじめは可能性を広くもって、色々なものを体験させてみではいかがでしょうか?

まとめ

小さな頃というのは、まだ能力や性格などは完成されておらず、何が得意で、何なら才能を活かせるのかということは全く分かりません。ですので、あまり先入観にとらわれることなく、様々なことにチャレンジさせてみることが大切です。その中からやりたいことや、上手くできることが見つかるかもしれませんし、思ってもみなかった能力を発揮するかもしれません。無理にやらせることはよくありませんが、様々な習いごとに挑戦してみるということは、子供の才能を開花させるという面でみてもとても良いことです。