子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

難関大学に入れたいなら子供の時の習い事が重要

お子さんの将来を考えて習い事をさせるというご両親は非常に多いです。その中でも将来難関大学に通わせたいと思う教育熱心な方であれば、知的能力をあげられることが出来るような習いごとをさせたいと思うことでしょう。お子さんを難関大学に入れるためにはどのようなものを選べばいいのでしょうか?選ぶ際のヒントなども合わせてご紹介していきます。

知能を育てる習い事はある?

習いごとは、ただ習ってその技能を身につけるだけではなく、それに付随して身につく様々な能力を期待して習うことが多いです。その中には体力をつけたり、感性を磨いたりするもの、礼儀作法を学ぶものなど様々なものがありますが、知能を高め頭をよくする習いごとというものもあります。頭がよくなる習いごとというと、学習塾を連想する人は多いかと思いますが、確かに学習塾に通うことで勉強はできるようになりますし、脳自体も鍛えられるので頭はよくなります。しかし、なかなか学習塾には行きたがらない子が多いというのも事実です。そして、勉強以外のものを習いながら頭の回転をよくしたり、脳を鍛えることが出来る習いごとも多くあるのです。たとえばスイミングや体操などの一見身体を動かすだけの習いごとのように思われるものでも、小さな頃に身体を動かすことは、脳の機能を満遍なく高めることにつながりますので、効果的です。スポーツであっても、ただ身体を動かしているわけではなく、今自分はどう動くべきなのか、どうすれば上手くいくのかなどを考えながら動くことによって脳は活性化されるのです。そして、知能を育てる習いごとをしてはピアノもおすすめです。ピアノを弾くということは、両手と足を複雑に使い、それぞれをまったく別々に動かし、暗譜して弾く、というように非常に複雑な動きを一度に行います。これによって脳は非常に鍛えられるのです。その他にも、囲碁や将棋など戦略を練って、考えながら行うものは脳の機能を高めると共に、創造力や集中力も高めることができるのでおすすめです。また、近年注目されているプログラミングなども知能を高めることを目的とするなら非常に効果的です。頭をよくしたいからと言って、学習塾にばかり通わせるのは子供のやる気という面からみてもあまりおすすめ出来ません。自分でやる気をもって楽しく習うことが出来るものの中にも、知能を育てることができるものは沢山ありますので、そういったものを習うことによってより大きな効果を期待することが出来ます。

難関大学生の習い事には共通点がある

親であれば、子どもの将来を案ずるのは当然のことです。多くの親が子どもには安定した良い職業について苦労することなく人生を送ってほしいと思うことでしょう。そしてそのための必要条件として、難関大学や名門進学校に入ることを子どもに求める親も非常に多いです。難関といわれる大学に入学したからといって、その後の人生が必ず幸せなものになる保証はありませんし、良い職業に就けるとも限りません。ですが、少なくとも将来の選択肢は確実に増えるはずです。では、そういった難関大学に入った人は子どもの頃どのような過ごし方をしていたのでしょうか?難関大学入学者の多くは、小さな頃遊ぶことを重視した生活を送っていたという共通点があるとされています。難しい試験を突破して大学に入れたのだから、小さいころから学習塾に通っていたり、知育に関する習いごとを沢山していたのだろうと想像する人も多いかもしれませんが、実際には思いっきりあそばせ、好きな習いごとを思いっきり子どもが満足するまでやらせていたという親が多いのです。そして、親がこれをやりなさいというのではなく、子ども自身が主体となってやりたいことを選び、それを自分なりに一生懸命行っていたという経験を持っている人が非常に多いのです。自分の好きなことであれば多少辛くても挑戦し続けられますし、自分の意思で頑張ることができます。こういった経験は、自分の感情をコンとロールすることが出来るようになり、自主的に物事に取り組むという能力、そして何かを続けるという継続力や集中力も養うことが出来ます。勉強というのは、ただ計算ができる、記憶力がいいというだけでできるようになるものではありません。自発的に取り組むこと、集中力の継続などの力が難しい試験を突破するためには必要であり、それは小さなころに好きな習いごとに一生懸命取り組むという経験の中で培われていくのです。

子供の時の習い事の選択はとても大切

小さな時の習いごとを選ぶ際には、お子さんがやりたいものをやらせる、親がやってほしいものをやらせるなどその家庭によって色々な考え方、選び方があることと思います。ですが、どのような選び方をするにせよ忘れてはならない大切なことは、子どものときに何を習い、どのように取り組んでいたのかということはその後の人生を生きていくなかで非常に大切なことであるということです。もちろん、何を習うのかということはとても重要です。習うものによって身に付く技術や知識も違いますし、磨かれる能力なども全く違ってきます。また、もっと根本の部分でいえば小さな頃の経験というのはその子の人格や性格を形成することにも繋がりますので、その子というもの自体を作り上げる要素ともなってくるのです。そういった面から見ても何を経験させ、何を学ばせるのかというのはとても大切な選択になります。そして、忘れがちではありますがどのようにその習いごとを選んだのかということも、実際にはとても大切になってきます。いくらその子にあった良い習いごとをやっていたとしても、そこに子ども自身の意思がなくただやらされているという感覚のもとで習い続けていては、決して良いものであるとは言えません。もし、実際はやりたくないと思っていたとしたらかなりの負担になってしまいますし、そこまで思っていなくとも、やりたいと思っていないものに対してはそこまで一生懸命に取り組むことは出来ませんよね。習いごとを選ぶ際には、子どもが主体的になって自らやりたいと思って取り組むことが出来るのかどうかということが、非常に重要であり、そういった主体性が難関大学に合格するための勉強に主体的に取り組むことが出来るということに繋がっていくのです。

まとめ

将来難関大学に入学させたいという希望があるのであれば、小さな頃の習いごと選びというのは非常に重要なポイントです。それは知能を育て、勉強ができるようになる要素というのは子供の頃に形成されるからです。ですが、脳を育てる習いごとは学習塾やそろばんなどだけでなく、全く関係ないと思われがちなものでもより効果的に知能を育てることは出来ます。また、勉強が出来るだけでなく創造力や忍耐力、集中力などを習いごとで身につけることは結果的に難関大学合格へと繋がっていくのです。