子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

子供の習い事は何歳から始めるべきなのか

あなたは何歳から習い事を始めましたか?習い事を始める年齢というのは人それぞれですが、今は何歳から始める人が多いのでしょうか?そして始める年齢によって、適したものというのはあるのでしょうか?これからお子さんが生まれる予定の方や、小さなお子さんがいていつから習い事を始めさせたら良いのか迷っている方の参考になるような情報をお伝えしていきます。

3歳から習い事を始めさせる人が一番多い

習いごとを始める年齢は人それぞれ違っていますが、今一番多いのはお子さんが3歳になったころから習いごとをはじめさせる親です。全体の20%の親が、お子さんが3歳になるころから習い事を始めさせたというデータもあります。0~2歳になるまでの間に始めるのが30%、4歳になるころには7割以上のお子さんが、何かしらの習いごとをしています。子供というのは3歳まではそのほとんどが周りからのインプットであり、自分から何かを発信してアウトプットするよりも、様々なものを吸収して、自分の中に取り入れていくことがメインになってきます。言葉について見てみても、始めは周りの人の発言やメディアの音などから自分の中に言葉をどんどんインプットしていき、真似をして話すようになり、自分で言葉をつなげて話せるようになるころには言葉に様々な情報を結びつけて、自分の感性までも加えて言葉をつかえるようになっています。このころまでにはその他の様々な情報のインプットによって、基本的な人格や性格などは完成されています。これが3歳くらいです。習いごとを選ぶ際に、お子さんの興味や意向を考慮して、それまでに培ったお子さんの持っている性質をさらに伸ばすために習い事をさせる親が多いので3歳から習いごとを始めさせる親が多くなるのです。つまり、性格や人格の基になることを見つけるために習いごとをさせるのではなく、それまでの生活で出来上がったお子さんの個性や、身につけた能力などをさらに良いものにしたり、伸ばしたりするために習いごとをさせるという考え方が今は一番メジャーになっており、それが3歳になるお子さんに習い事を始めさせる親が多い理由となっているのです。

0歳から習い事を始めさせる親もいる!?

お子さんに習い事を始めさせるのは何歳からがいいのでしょうか?特に何歳からでなければいけないといった決まりはありませんが、近年は習いごとを始める年齢がどんどん早くなってきています。そして、今では0歳からお子さんに習い事を始めさせる親も多くなってきています。0歳から習いごとを始めさせるなんて早すぎる、そんな小さいころは何も考えずにただ自由に遊んで過ごさせておいた方が良いに決まっている、といった声もありますが、実際には小さいころから習いごとを始めることによって、様々な効果を得ることが出来ます。0歳から2歳くらいまでの期間というのは性格や個性の基となるものを周りから吸収する時期であり、言葉や感性をどんどん蓄えていきます、ですから、この時期に何を見せるのか、何を聞かせるのか、何を触らせるのかということはお子さんの基礎をつくる上で非常に大切なのです。もちろん家の中にいて、言葉を聞かせたり、テレビを見せたり、音楽をきかせたり、家族と話しをしたり、おもちゃを使って遊ばせたりすることでも自然に様々な情報をインプットすることは出来ますので、それでも十分である、そっちの方が良い、という考え方もありますが、家のなかでは学ぶことが出来ないことや、得ることが出来ない情報を吸収するチャンスは、習い事をして外に出た方が確実に増えます。そしてそれはお子さんの身体や心に大きな刺激を与え、よりよい成長に繋がります。また、小さいころから、外部の人と関わる機会をもつことによってコミュニケーション能力がついたり、人見知りになりづらくなるというメリットもあります。0歳から習いごとをすることは決して早すぎることはなく、多くの効果を期待できることですのでおすすめです。

年齢によって、習うべき習い事は違うのか

子供に習いごとを始めさせる年齢というのは状況や子どもの意思、親の考え方によって様々であり、どれが正解というものはありません。ですが、習いごとを始める年齢によって選ぶべきものというものがあります。まず0歳で始める場合ですが、0歳では赤ちゃんの体は自分で思う様に動かすことができません。ですので、親も一緒に参加して楽しむことが出来るものを選ぶ必要があります。そして身体をあまり動かさなくても耳や目から情報を入れて、経験させるものを選ぶべきです。例としては英会話やリトミックなど耳から音を聞き、それに身体を連動させていくようなものがおすすめです。1歳から2歳の場合にも、未だ自分自身で思うように動くことができませんので、親子で一緒に参加する体操教室やスイミングなどがおすすめです。一人で参加するのではなく、親と一緒に参加するので不安を感じることなく楽しんで参加することが出来ます。自我が芽生える時期でもありますので集団の中に一人で参加するのは少し難しいかもしれません。3歳から4歳の時に習いごとを始めさせる親は非常に多いのですが、お子さん自身で体の使い方が分かり、自分の思うように身体を動かせるようになります。そしてある程度社会性もでてきて、集団生活を送れるようになりますので一人で参加することも出来ます。ただし自分になにが向いているかということはまだよくわからない時期ですので、よく観察して楽しく参加できそうなものを選んであげると良いでしょう。5歳から6歳になると、完全に自分の思うように身体を動かすことが出来るようになりますし、自分の意思をはっきりと持ってやりたいこと、やりたくないこと、興味のあること、興味のないことというのを表現するようになります。この時期に習いごとを始めるのであれば子どもの意思をしっかりと聞き取って、自分でやりたいと思えるものをやらせてあげるのが良いです。子どもの年齢や、成長の段階によって選ぶべき習いごとというのは違います。その時、状況に合わせて適切なものを選ぶことが出来るように準備をしておくことが必要になります。

まとめ

子どもに習い事を始めさせる時期というのは、特に決まりはなく最近では0歳から始めさせる親もいるほどです。しかし、その年齢ごとに向いている習いごとというものがあるので選ぶ際にはそういった視点をもって選ぶ必要があります。3歳より前であれば性格などの基礎をつくる時期になるので、多くのものに触れることが出来るような習いごとがおすすめですし、それ以降であればすでに形成されたお子さんの能力や個性をさらに伸ばすことが出来るものをえらぶようにすると、より習い事の効果を引き出すことが出来ます。