子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

インターナショナルを目指すなら、英会話教室に通わせよう

2020年からスタートする、グローバル化を目指した新しい教育方針は、特に英語教育が大きく変わります。小学校3、4年生から始まる英会話をベースにした「外国語活動」、5、6年生では英語の「教科化」、中高校生の「オールイングリッシュ授業」、「アクティブラーニング」など、英語に馴染みのない子供には厳しい授業となりそうです。大きな変化に対応するため、英会話教室へ駆け込む人が急増中です。これから行動するなら、何を、どうしたらよいのでしょうか。

英会話教室が注目を集めている理由

会社の公用語を英語に定める企業まであるのに、今でも英会話に長けている人は「特別」という位置づけです。英語教育を何年受けても会話ができるようにならないため、2020年より英語教育の方針が大きく変わることになりました。それに先駆け、2011年には小学校5、6年生のカリキュラムに英語が正式に加わり、子どもが英語に親しむことが重要な課題となっています。2020年からスタートするのは、小学校3、4年生の「外国語活動」、中学・高校では「オールイングリッシュ」と呼ばれる完全英語の授業、大学入試の英語には英検やTOEICでのスコアがテストにとって変わり、それに伴い企業の募集要項にもTOEICのスコアや会話能力が掲げられるでしょう。

親世代が学んだ文法重視の受験英語は古い教授方法と捉えられ、これからの英語教育では会話力が必要となるので、親が子供に英語を教えるのは難しくなってしまいます。このような時代だからこそ、幼い頃から通える英会話教室への期待が、どんどん高くなっています。また、英語に特化した教室は、必要とされている英語力に素早く対応して、的確な指導をしてくれます。教科書を追いかけるような詰め込みレッスンではなく、コミュニケーションをベースにしたレッスンなので馴染みやすく、会話ができるようになってくれば自分を英語で表現する楽しみも生まれるので、モチベーションアップにも繋がります。

「英語=学習塾」と短絡的に考えてしまいがちですが、将来的な英語のニーズに気づいている家庭には、英会話教室が選ばれています。英語で会話をする楽しさと、そこから広がる世界を幼い頃から体験させることで、グローバル化する社会の波に上手に乗ることができるでしょう。

子供の時に英会話教室に通わせるメリット

英語と日本語では、使用する周波数帯が違うということを知っていますか。日本語よりも英語のほうが高い周波数帯を使用しているため、日本語に慣れた耳では英語を聞き取ることが難しいのです。英会話教室へ幼い頃から通うことをすすめる理由は、ネイティブスピーカーの発音を聞き取る能力が、年齢とともに落ちてしまうからです。日本人が最も聞き取るのが苦手といわれる「L、R」の違いを、生後10カ月までの赤ちゃんは聞き取ることができます。そこをピークに、耳にしない音を徐々にカットしていき、よく聞く音だけに特化した耳となります。

その後、10歳前後で聴覚の成長が完了してしまいます。日本語しか耳にしない子は、自然と英語を聞き取ることができなくなってしまい、聴覚の成長が終わる小学校5年生から本格的に英語を学んでも、リスニング能力は向上しにくくなってしまいます。文法は後から学ぶことが可能ですが、会話は早く始めたほうが有利といわれる理由はここにあります。また、単一民族の日本人は、英語を母語とする人たちの容姿に慣れていないため、不慣れな英語とともに苦手意識を抱きやすくなってしまいます。恥じらいや緊張と無縁な年齢から始めれば、会話がたどたどしくても気になりませんし、ネイティブスピーカーの容姿にも緊張しないでしょう。

そもそも英語に縁のない生活をしている子に、急に英語を学習しろと迫っても難しいですし、苦手意識を持ってしまうと克服するのは至難の業です。家庭で頻繁に英語を耳にする機会や、外国人とコミュニケーションをとることができる環境を用意することが可能であれば必要ありませんが、それが難しいならば幼い頃から英会話教室に通うのがベストといえます。

子供向けなら、どういう英会話教室に通わせるべき?

基本的に、どの年齢でもネイティブスピーカーによるレッスンが多く、中にはネイティブスピーカーに日本人講師が補助としてもう一人つく、二人体制でレッスンを進める教室もあります。低年齢のクラスは保護者が付き添うので、英語に不安がある人は、日本人講師が補助で入るところがおすすめです。以前は3歳からのレッスンが主流でしたが、現在は0歳から通えるレッスンが多くなり、低年齢のクラスは人気も高くなっています。

大手では0歳からのクラスを設けているところが多く、低年齢のレッスンを早くから取り入れているためノウハウや教材が洗練されており、受講料は高めになってしまいますが、一定の結果を出してもらえる安心感があります。小さな教室は、レッスン経験は大手に足りないかもしれませんが、きめ細かな対応をしてくれるところが多く、一人ひとりの学習進度に合わせて融通をきかせてくれるのは魅力的です。会話能力アップやリスニング能力の向上など、しっかりと英会話を学ばせたいなら大手教室を選ぶほうがよいですし、英語が初めてだったり慣れることが目的なら、小さな教室のアットホームさが最適です。注意が必要なのは、ネイティブスピーカー講師の質です。母語が英語の国の出身で、英語での教員免許や保育の免許などを持つ有資格者でないと、保護者が期待するようなレッスンではない可能性もあります。

必ず教室で確認をしなければなりませんし、この質問にきちんと答えてくれる教室を選ぶべきです。外国人のフレンドリーなムードに流されず、講師の資質と人柄を冷静に判断して、子供との相性をよく観察してください。コミュニケーションを学ぶレッスンなので、最終的には人と人の相性が決め手になるでしょう。

まとめ

最近、よく耳にするのは「英語が苦手な親と得意な親では、どちらの子供が英語が得意になるか」ということです。実は英語が苦手な親の子のほうが、得意になるのです。英語が苦手な親は、英会話教室などに英語教育を任せてしまうため、親世代の古い学習方法を押し付けないで済みます。自分たちが培った英語の知識が古いことを理解し、新しい教育方法を適切に受けられる教室選びに注力するほうが、変化が激しい現代の英語教育に即しているようです。