子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

女の子なら一度は習わせたい!バレエ教室の魅力とは?

フワフワとした可愛らしいチュチュと、キラキラと輝く小さなティアラを戴き軽やかに踊る姿は、今も昔も女の子の憧れの的です。自分の子供のバレリーナ姿を見てみたい、と夢を抱き、バレエ教室へ通うわせたいと思う人は多いでしょう。ところが実際に通わせている保護者に話を聞くと、かなりのお金と労力がかかっている様子。どの教室もこんなに親の手がかかり、投資しなければならないのでしょうか。様々な教室を比較してみました。

バレエ教室はなぜ人気なの?

習い事にバレエ教室を選ぶ親の意見で一番多いのは、姿勢が綺麗になる、立ち居振る舞いが美しくなるということです。運動神経とリズム感を伸ばしてあげたいからダンスを習わせたい、という意見は多く、特に女の子を持つママはダンスを習わせるならバレエを選ぶ人が多いので、小さな子のクラスは定員いっぱいという話も聞きます。お金がかかる習い事なので、ママが小さな頃に習わせてもらえなかったという、憧れから通わせる人も多いです。

バレエそのものの優美さが好きだという人も多く、親のほうが熱心という家庭もよくみかけます。実際にお金がかかる習い事で、レッスン料は他の習い事より高めで、成長に合わせてレオタード、下着、タイツ、シューズを買い替える必要がありますし、教室によっては指定のレオタードや指定の販売店があるので、インターネットで安く手に入れるのが難しい場合もあります。小さい子でも髪の毛を毎回、しっかりと結い上げますし、厳しい教室ではおくれ毛まできちんとまとめなければなりません。最大のネックは発表会で、平均で15万円~20万円を支払う必要があります。教室により発表会の頻度は違いますが、大手では毎年行なうところもあります。

発表会当日やリハーサルも保護者の付き添いが必要で、なにかと親が関わる機会が多いのも特徴です。また、向上心が高い教室はコンクールへ頻繁に出場し、出場する子のサポートを行う保護者会などが存在することもあり、親子一丸となって続けていく心構えが重要となります。そんな事情をおしても、ステージで踊る子の美しさは何物にも代え難いため、バレエに通わせたいと強く希望する親は多く、バレリーナへの憧れから子供の満足感も大きいので、人気は衰えません。

子供の時にバレエ教室に通わせるメリット

バレエに通わせるメリットは、美しい姿勢と動きだと思われますが、踊るにはアスリート並みの筋肉とバランス感覚が必要となるため、体力アップや運動能力の向上が、一番にあげられます。片足で立ち、体を引き上げる動作が多いので、動きに安定感と力強さを与えてくれるインナーマッスルが自然と鍛えられるのも、大きなメリットです。優雅さの演出と怪我防止のために体の柔らかさは必要不可欠で、レッスン前に入念な柔軟体操を行いますし、自然と家でも柔軟体操を行うようになるので、間違いなく体が柔らかくなります。

発達した筋肉と柔らかい体を手に入れて、初めて背筋がピンと伸びた、優美な動きができるようになります。常に鏡の前で準備体操を行ったり、踊っているので、自分がどう見えるかというセルフプロデュースの意識も生まれてきます。リズム感を養うのは重要な事なので、音楽に合わせた動きを繰り返し行うため、リズム感も鍛えられます。他のダンスと大きく違う点として、バレリーナは踊りとともに「マイム」と呼ばれる演技をしているので、表現力や物語を理解する情緒を養うことができます。小さい子であっても柔軟体操や踊りなど、覚えなければならないことが多いので、記憶力や集中力も格段に鍛えられます。

また、礼儀作法に厳しい教室が多く、挨拶や感謝の気持ちをしっかりと伝えることを学びますので、そういった面でも気持ちが変わってきます。注意が必要な点として、骨格がしっかりしていない小さな頃から踊りすぎると、体を無理に安定させようとして、足に固く太い筋肉がついてしまいます。この体の使い方を覚え、筋肉がついてしまうと、修正はかなり困難です。年齢に合った練習を心がけましょう。

子供向けなら、どういうバレエ教室に通わせるべき?

気軽に通ってみるなら、市町村が運営するカルチャースクールなどがおすすめです。とりあえず受けてみて、子供の反応を確かめてから、きちんとした教室に入るのも一つの手です。バレエは講師の出身団体や教室の母体により流派があり、メソッドが大きく違うこともあり、一度、教室へ入ってしまうと、変更することが難しくなってしまいます。大手でも個人の教室でも、体験レッスンを受けて講師や教室の雰囲気をよく確かめて、受講料や発表会の頻度と費用などもしっかりと聞き、できれば周囲にいる保護者に話を聞くなどして、できる限り情報を集めてください。

習い事は、口コミなどより相性を優先させたほうが良いのですが、バレエだけは口コミや通っている人の意見なども参考に、じっくりと検討してください。大手は厳しい教室が多いのですが、大手でものんびりした教室も少なからず存在します。幼い頃から通わせるなら、年齢に関係なく厳しいレッスンをするのか、幼いから優しいレッスンをするのかも、好みが分かれる点です。厳しい教室はコンクールなどに力を入れているので、教室全体の向上心が高く、上達が早くなります。のんびりとした教室では、踊りの楽しさを味わえる反面、将来的な展望は難しいでしょう。レッスンを受ける子の性格と相談しながら、保護者の意見を交えつつ考えてください。

また、メソッドによるレッスン方針の違いから、2歳から入れる教室もあれば、4歳からでないと入れない教室もあります。幼いころからの過度の練習、骨格ができあがる前のトウシューズ着用など、体に大きな負担をかけてしまうこともありますので、成長期の骨格形成を体をよく考えてくれるメソッドの教室選びも大切です。

まとめ

習い事としてのメリットは大きいものの、苦しいことや大変なこともあるので、モチベーションが低い状態で続けられる習い事ではありません。保護者の負担も大きいので、親子でどれだけ好きか、ということが重要となります。あらゆるところから情報を集め、慎重に教室選びを行えば、好きという気持ちを大事にしたまま、楽しく踊ることができます。親のサポートと子供の努力があって初めて成り立つので、家族でよく話し合い、決定してください。