子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

0歳で受けられる音楽教室とは?内容と特徴に迫る

「0歳から通える音楽教室」と聞くと、驚く人もいるかもしれません。楽器を弾くことや体を動かすことができない赤ちゃんですが、音楽教室へ通わせるメリットがあります。幼いうちしか手に入らない絶対音感を養う機会であり、リズム感を身につけやすかったり、幼児期の楽器演奏は賢い脳を作るともいわれており、習い事の一つに入れたいと考えるパパとママが多いのです。では、実際にどんなもので、どんな効果が望めるのでしょうか。

0歳児の音楽教室って何をするの?

0歳のレッスンは、音に合わせて刺激を与えることからスタートします。ママが赤ちゃんを抱っこして歌い、体を通して音やリズムを伝えるスタイルなら、生後2カ月前後の首がすわった頃から参加できます。それ以外にも、歌や楽器の音に合わせて赤ちゃんの体をマッサージしたり、手足を動かしてあげることで、音を体感することを学ぶことができます。おすわりが上手になり指差しが活発な時期になると、簡単な工作や叩くと音が出る打楽器などを使用して、音を出す楽しさを感じるレッスンも加わってきます。

つかまり立ちやつたい歩きができる時期になると、音に合わせて手を叩く、リズムをとるように屈伸をするなどの決まった動きや、ダンスをするように自由に体を動かしたりするリトミックのようなレッスンがスタートします。1歳を過ぎた頃から、ママが抱っこをするスタイルから子供自身が主体となるスタイルへ変化して、実際に歌ったり、ダンスをしたり、打楽器を使ったり、音楽に合わせた手遊びなどを通して、音楽の楽しさを学んでいきます。楽器演奏を希望するなら、3歳過ぎからが良いでしょう。それ以前の年齢では習得が難しいので、楽器演奏を楽しく学べる年齢になってから始めるほうが、習得スピードが早くなります。教室のメソッドにより違いはありますが、いずれも赤ちゃんの成長と発達に合わせたレッスン内容で、赤ちゃんとのコミュニケーションをベースにしています。

赤ちゃんの反応が思い通りにならなくても、焦りは禁物です。幼いうちの習い事のポイントは、どんなものでも継続して親しむことで、初めて効果がみえてくるものです。親子のコミュニケーションタイムだと捉えて、ゆったりとその時間を過ごしてください。

一般的な音楽教室と何が違うのか

0歳から通える音楽教室は、幼児を対象とした音を楽しむレッスンよりも、体を動かすことができない赤ちゃんへ効果的に音とリズムを伝えられるように考えられています。一般的な音楽教室では、ほとんどが1~2歳から受けられるレッスンで、子供が主体となり能動的に動くことが前提のメソッドなので、受動的な赤ちゃんを対象としたノウハウを持っていませんし、能動的なレッスンを赤ちゃんに受けさせても、レッスンの効果は望めません。また、一般的な教室でのレッスンを受けられない期間を家庭の中で補うのは、難しい面があります。ママが歌をうたったり、赤ちゃんが心地良いと感じる音楽を聞かせることに一定の効果はありますし、感受性を豊かにするために大切ですが、やはり教室へ通うような効果は望めません。

より効果的に音を伝えることができれば、音に対する赤ちゃんの反応も良くなり、その先の成長も変わってきます。赤ちゃんの成長と発達に合わせたメソッドを持つ教室や、経験豊富な教室なら安心してレッスンを受けることができます。また、最近は大手から個人経営まで、1歳前からのレッスン可能を掲げる教室が増えています。どれだけ良い教室で、とても良い先生だとしても、意思がわかりにくい赤ちゃんを相手にすると、うまくいかないこともあります。そのうえパパやママが教室や先生に対して肯定する気持ちを持っていないと、敏感な赤ちゃんはいち早く感じとり、レッスン中は泣きっぱなし、というトラブルなどにつながります。

まずは口コミや紹介などを頼らずに、パパとママが相性が良いと思える教室や先生を探し、そこから考えていきましょう。気に入った教室は見学に訪れて、実際のレッスンをのぞいてみてください。

0歳から音楽教室に通わせたほうが良いのか

幼児教室や英会話教室など、学習系の習い事の低年齢化は賛否両論ありますが、音楽の早期教育は心身の発達に一定の効果がありますし、知識を詰め込んだり何かをやらせることが目的ではなく、音を楽しむことが目的で、赤ちゃんやママのストレス解消にもつながるなど、0歳から通わせるメリットが大きい習い事だといえます。耳の発達はママのお腹の中で早い段階からスタートして、誕生した時点で音を聞く機能はほぼ完成されています。そのために胎教によい音楽を聞いたり、赤ちゃんへの話しかけを行うことが推奨されています。

3歳までは大人よりも鋭敏な聴覚を持っているといわれており、大きな音や圧力が高い音を聞かせるのは避けたほうが良いですし、その時期の音への親しみ方により、音の情報を良いものか悪いものかを判断する反応とともに、音への感受性が変わっていきます。6~7歳頃に耳の発達が終了するので、それ以前に楽器などを通して正しい音感を育まない限り、絶対音感は得られないといわれています。早い段階で発達を始め、体や脳よりも早く発達を終える耳は、早期教育を行う価値があるとされています。しっかりとしたメソッドと経験がある教室なら、通わせることで得られる大きなメリットがあるでしょう。

また、慣れ親しんだ環境で楽器演奏へステップアップしていけば、理解度や上達も大きく変わってきます。就学前に楽器を習わせると、小学校高学年で音楽だけでなく総合的な知能の発達が高くなる、という説もあり、詰め込み型の習い事と比べると将来の伸びしろが大きいと考えられているので、最初の習い事として選ばれる率が高いのも特長です。習い事を始めてみたいと思ったら、まずは音楽教室を検討してみるのがおすすめです。

まとめ

「音楽を学ぶ」というよりは、「音に親しむ」という感覚がしっくりとくる0歳の音楽教室は、音に合わせて歌ったり踊ったりと、遊びを通して楽しみながら理解を深めていく「音楽の入口」です。音楽初心者のパパやママでも、赤ちゃんとスキンシップをしながら楽しめるレッスンとなっています。初めての習い事や集団生活に慣れるという音楽とは関係がない目的でも役立ってくれる、敷居が低い習い事なので、気軽に通ってみるのも良いでしょう。