子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

年齢別おすすめの子供の習い事

子供の習い事 スイミング

お子さんが生まれ少しすると、習い事についてご夫婦で話すことも増えてくるのではないでしょうか。その子の将来に役に立つ習い事は何なのか、何歳から始めたらよいのか悩む方も多いようです。

費用のかかるものですので、数多くある習い事の中から子供の年齢に適した習い事を選んでいきたいものです。ここでは、0~2歳、3~4歳、5~6歳といった年齢別にオススメな習い事を紹介していきます。

0歳から2歳におススメな習い事とその理由

英会話

まず0歳から2歳までのお子様にオススメな習い事の1つ目は英会話です。生まれたばかりでまだ何も身につかないのではないかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、生まれた時から音に反応している様子が見られると思います。まだ喋らなくても、親や兄弟の話す声は聴いていて言葉を話す準備を始めています。つまり、言葉を話すための耳を鍛えている時期なのです。

この時期に英語が聞こえる環境にしておくことで、自然と英語が聞き取れるようになるのです。今は英語が話せて当たり前の世の中になりつつあります。継続的に英会話のCDを聴かせるといった、英語の環境にすんなり入り込める耳を成長させてあげることはとても重要なことと言えるでしょう。

スイミング

2つ目のオススメはスイミングです。習い事の中でも一番人気のスイミングですがこの時期に始めるメリットがあります。

それは身体面を鍛えられるだけでなく、肺が強くなり喘息の予防につながるということです。親と一緒にプールに入るベビースイミングは、水の中でスキンシップが取れるため、子供の情緒の安定につながります。またこの時期の方が水への恐怖心がなく始められ、苦手意識なくクロールや平泳ぎといった一人でのスイミングへと継続できるのです。先生とのやり取りの中で指示を聞く、返事をするといった基本的な教育にもなります。

3歳から4歳におススメな習い事とその理由

この年頃になると少しずつ本人の好き嫌いや興味に個性が出てくるのではないでしょうか。なるべくなら本人の興味があるものを習わせたいと思いますが、あまりにも個性の強い習い事ですと、続かなくなったときにせっかく揃えた道具が無駄になってしまったということも良くあります。身体も心も少しずつ成長し、人間の基礎を作るこの時期には、体操教室などで全身を使う運動を習ったり、音楽の感性を養うために音楽教室に通ったりするのがオススメです。

体操教室

体操教室では、マット運動・鉄棒・跳び箱・ボール運動・縄跳び等全身をバランスよく動かす運動や柔軟性を鍛える運動を行います。マット運動や鉄棒、跳び箱は小学校に入ってから体育の授業で習いますが、筋力不足でできない生徒もいるようです。全身をバランスよく鍛えることや柔軟性については、今後どんなスポーツをするにも必要な要素ですので、この時期から鍛えておく事が重要になります。その点でも体操教室はオススメです。

音楽教室

芸術的な感性を磨くのであれば、音楽教室がオススメです。楽器や歌、リトミックなど本人が楽しくできるもので音楽に親しむ環境を作ってあげましょう。その時期に身につけた感性は、何歳になっても役立つものではないでしょうか。

5歳から6歳におススメな習い事は学習塾

小学校入学が目前になると「学習塾には子供を何歳から通わせるべきか」と考える方も増えるのではないでしょうか。まだまだ遊んでいたい年頃ですし、受験の予定もないから学習塾は考えていないというご家庭もあるかと思います。ですが、学習は習慣です。

5~6歳の間に正しい鉛筆の持ち方や姿勢を身につけ、生活の中に勉強する時間を当たり前のように設けることによって、小学校入学後スムーズに学習に取り組むことができるようになります。また現在は受験の低年齢化も進んでいます。小学校受験もありますし、中学校受験のために小学校低学年から進学塾に通う子供が増えているようです。

義務教育内での基礎学習は早めに定着させ、受験に向けての学習に取り組むためにもこの時期からの学習塾をオススメします。

まとめ

年齢別にオススメの習い事を見てきました。習い事を始めるには適した年齢があり、また始めたからには継続していくことが大切です。子供の習い事には、送り迎えも付きものです。費用も含め、各ご家庭で無理なく継続していける習い事を見つけてあげてください。子供はそれぞれ個性もあります。子供の興味や変化に合わせてその子にとって一番良いタイミングを見つけてあげると良いでしょう。