子供にさせたい習い事を徹底比較

今の時代、子供に習わせておきたい習い事をまとめました!

子供習い事ランキング一覧!

音楽教室ランキング

子供 習い事 音楽教室ランキング
音楽教室といっても、どんな教室があるのかご存知ですか?ピアノ、バイオリン、ギターなどの楽器を習う教室もあれば、リトミックやリズム体操などの様々な形式の音楽教室があります。その中でも人気のある音楽教室について、まとめてご紹介します。

水泳教室ランキング(準備中)

子供 習い事 水泳教室ランキング
水泳教室は、子供の習い事の中でも代表的な習い事の一つです。人気が高く習わせたいと考えている親御さんも多いのではないでしょうか。具体的にどんな事をしているのか。どんな種類があって、費用はいくらかかるのかなどをご紹介します。

英語教室ランキング(準備中)

子供 習い事 英語教室ランキング
英語教室は、人気の習い事の一つです。世の中のグローバル化に伴って、英語がより身近なものとなっています。小学校の授業、幼稚園や保育園でも力をいれているところが多くなっています。どんな英語教室が良いのか、より良い英語教室を探してみてはいかがでしょうか。

体操教室ランキング(準備中)

子供 習い事 体操教室ランキング
体操教室は、いつでも人気の高い習い事の一つです。体を動かすことは子供にとって、かなり大事な事です。効果としては、運動能力の向上、ストレス解消などが当てはまります。どのような体操教室があって、どんな体操教室が人気なのか。まとめてご紹介します。

学習塾ランキング(準備中)

子供 習い事 学習塾ランキング
学習塾と言っても、様々です。どういう形式があるのか気になりますよね。有名な大手の学習塾や、近所にある小規模な学習塾。子供にとってどの学習塾が良いのか、人気のある学習塾とは、学ばせたい事も含めて人気のある学習塾をまとめて、ご紹介します。
子供に習い事をさせる時の注意点とは?
子供習い事英才教育

子供の将来に役に立つようにと願って始める習い事ですが、せっかく始めてもすぐに嫌になってしまったり、惰性で続けるようでは意味がありません。たくさんの習い事があり、それぞれにメリットがあります。

また子供の性格も様々です。ここでは、どの様に選び、どの様に継続していくのが子供にとって一番良い方法なのかを考えていきたいと思います。

子供の習い事は親が選ぶべき?

子供の年齢にもよりますが、一番優先させたいのは子供本人が好きかどうかです。いろんな習い事を体験だけさせてみて、本人が「やりたい」と言い出すまでは始めないという考え方もあります。やはり、本人のやる気が上達のためにも継続のためにも一番重要だからです。ただ、年齢が低ければ低いほど、自分での判断は難しいですし、興味もころころと変わりやすいので親の見極めは大切です。子供が嫌々やっていたとしても、基礎的な能力を付けることが目的であれば親が選んで始める意味はあります。

例えば、「水害事故から身を守るために最低でも50メートルは泳げるようにしておくためにスイミングに通う」といったものです。しかし子供が乗り気でないものを複数やるのはオススメできません。基本的には、子供本人が意欲をもって取り組める習い事を継続することが大切です。結果も出やすく、継続したことで、自己肯定感の高い人間性の形成にも繋がります。始めるきっかけは、親の勧めであっても本人が好きになれるような環境づくりや日々の声掛けが重要になって来るのではないでしょうか。

習い事の数は多い方が良い?

習い事の数については、意見が分かれるところです。上達することが目的であれば、一つの楽器やスポーツを集中して練習することが一番です。また集中力を養ったり、コツコツと物事を進める能力を養うには、1つか2つくらいに絞った方が良いでしょう。

ですが、習い事の目的が基礎的な身体の成長や、選択肢を増やし人生を豊かにすることであれば、多くのものに触れることは重要です。特にスポーツは、幼少のころから一つのスポーツに偏ってしまうと身体の成長に影響が出ると言われています。たくさんのスポーツを楽しむことでバランスよく筋力をつけることができるのです。

今は、何か一つのスポーツの教室ではなく、球技からマット運動まで複数のスポーツを習う教室もあるようです。ご家庭ごとの予算や目的をはっきりさせて、習い事の数を決めていくと良いのではないでしょうか。

子供が習い事を辞めたがったらどうすれば良い?

継続していると「辞めたい」と言い出すこともあるでしょう。親も心配になりますよね。そんな時の注意点がいくつかあります。習い事の種類や子供の状況によって対応は変わりますが、辞めさせるにしても続けさせるにしても子供の納得を得ることが一番大切です。そこに注意しながら、子供の話を聞いてみましょう。ピアノやヴァイオリン、バレエ、絵画などの芸術系の習い事では、その子の才能を見極める事が必要です。適性のないものを本人も嫌がっているのに続けてもいい結果は生まれません。ピアノであれば「バイエルが終わるまで」等、一区切りの目標を定めそこまで来たら辞めさせてあげるというもの方法の一つです。

まだ適性の判断ができないような段階であるなら、一時お休みして成長してから再チャレンジしても良いでしょう。スポーツ系の習い事では、辞めたい理由が「疲れた」といった体調や体力面なのであれば、少し休ませて食生活に気を付けたり、生活のリズムを整えることで再チャレンジできることもあります。ただ原因が精神面なのであれば、そもそもそのスポーツに向かない性格ということも考えられます。ツライことでも立ち向かって精神面を鍛えてほしいと願う方も多いでしょう。

ですが子供は精神的に弱っているときに負荷がががるとますます後退してしまいます。少し休ませて様子を見つつ、もし辞めるとなっても「自分が弱いから」等と自分を責めることのないよう言葉がけに注意しましょう。本人も辞めたい気持ちは伝えづらいものです。勇気を出して言ってきたときは、「つらい気持ちを聴いてほしい」という思いの表れではないでしょうか。「なせ?何があったの?」と問い詰めず、まずは気持ちを受け止めて共感してあげるのが親の役割なのではないでしょうか。

まとめ

子供に習い事を始めさせるときの注意点を確認してきました。時間をかけて選んだものでも、始めてみたら合わなかった、嫌になってしまったなど、問題点は出てきます。子供はその子なりの悩みも抱えながら、毎日習い事に通います。家庭以外の世界へ出て、社会勉強をしているといっても良いでしょう。親は子供の一番の応援団として、生活面、精神面のサポートをしていきたいですね。

子供の習い事関連トピックス

  • 子供の習い事費用

    子供の習い事の費用はどのくらいかかる?

    せっかく習い事を始めるのであれば、子供に合ったものを長く続けさせてあげたいと思うのではないでしょうか。そのためには、子供のやる気や質の良い講師も重要ですが、月謝が家計を圧迫するようでは最終的に続けられ詳しく見る

  • 子供の習い事 スイミング

    年齢別おすすめの子供の習い事

    お子さんが生まれ少しすると、習い事についてご夫婦で話すことも増えてくるのではないでしょうか。その子の将来に役に立つ習い事は何なのか、何歳から始めたらよいのか悩む方も多いようです。費用のかかるものですの詳しく見る